2020年にIoT(Internet of Things)の普及でつながるデバイスと 市場の成長性

掲載者: CUPA総合アドバイザー 林 雅之

IoT(Internet of Things)の普及に伴い、事業者各社がIoTでつながるデバイス数と市場の成長性を明示しています。特に注目すべきは一つの節目となる2020年です。事業者各社の2020年をイメージしたIoTに関わる発表内容や市場の成長性を整理してみたいと思います。

ガートナー
米調査会社のガートナーは、2009年時点でインターネットにつながっていたモノの数はおおよそ25億個で、そのほとんどは、PCやスマートフォン、タブレット端末といったデバイスですが、2020年には、IoTの普及は急速に進み、2020年には300億個以上のデバイスがつながり、コンピュータ以外のデバイスが過半数を占め、1兆9000億ドル(約194兆円)の経済価値を創出すると予測しています。

□インテル
インテルは、IoTの普及により、2020年には確実に500億のデバイスがインターネットに接続されると予測しています。その多くは、PCやスマートフォン、タブレットといった人が使うデバイスではなく、自動車や自動販売機、工場設置機器、医療機器などのデバイスがつながり、これらのデバイスにつながるデータを活用したビジネス展開が鍵になるとしています。

□シスコシステムズ
シスコシステムズは、2013年現在で、IoTによりつながるデバイスは100億近くまで増加し、2020年には500億台のデバイスがつながり、インターネットは、人、プロセス、データ、モノを組み合わせたIoE(Internet of Everything)の時代へと大きく成長し、今後10年間でIoTは全世界に14.4兆ドルの価値を生み、日本はそのうちの少なくとも5%を占め、国内に76.1兆円の新市場が生まれると予測しています。さらに、シスコでは、IoEの普及に伴い、2012年から2017年に全世界のIPトラフィックは3倍に増加し、モバイルトラフィックは今後5年間で13倍にも膨れ上がると予測しています。シスコでは、デバイスから生成されるデータをネットワークが介してデータセンタ-で処理するクラウドのアーキテクチャーは、IoEの時代にはボトルネックに突き当たるとし、IoE時代にクラウドを最適化しアーキテクチャーを拡張化した分散型の新たなエッジコンピューティングモデルとして、「フォグコンピューティング」を提唱しています。

□マイクロソフト
日本マイクロソフトは2014年5月29日、東京都内で開発者向けカンファレンス「de:code」を開催し、後半の基調講演では、日本マイクロソフト 執行役 デベロッパー&プラットフォーム統括本部長の伊藤かつら氏は、デバイスの数とデータの量が爆発的に増加し、2008年に世界に存在していたデバイスは世界人口と同じ70億個程度だったのに対し、2020年には10兆個になるとの予測をコメントしています。

□IDC
米調査会社のIDCは、2012年に約4兆8000億ドルだったIoTの世界市場規模が、2020年には約8兆9000億ドルになり、2020年までに自律的に接続されるデバイスのエンドポイントは300億台になると予測しています。また、IoTの本格的普及に伴い、デジタルデータの総量も急激に増加が予想されます。調査会社の米IDCによると2020年にはデジタルデータの容量は40ゼッタバイトに達すると予測しています。IoT普及で成長が見込まれるのが、家電やデバイス領域で統合製品によるサービス提供などが予想される「コネクティッドホーム」、「コネクティッドカー」、「ヘルスケア」などでの分野での利用による新たなビジネスモデルの創出が期待されています。

IoTで接続されるデバイスは数百億規模にも上り、たとえば、自動運転車であれば毎時3.6TB、ジェットエンジンであれば毎時20TBのデータが生成されるように、日々加速度的に蓄積されるデータは増加し、それらの膨大なデータを収集・蓄積するための基盤となるクラウドサービス市場の成長性も期待されるところです。