SAPが国内に、Googleもアジアにデータセンターを相次いで開設

掲載者: CUPA総合アドバイザー 新野 淳一

AWS、Salesforce.com、Microsoft Azureと主要なクラウドベンダが国内にデータセンターを設置してきましたが、SAPとGoogleも相次いで国内、アジアのデータセンターを発表しています。

SAPジャパン、東京と大阪に「SAP HANAクラウドデータセンター」開設を発表。インメモリで基幹業務に対応

SAPジャパンは今日4月7日、東京と大阪にそれぞれ「SAP HANAクラウドデータセンター」を開設したと発表しました。同社がグローバルに展開するクラウドサービス「SAP HANA Enterprise Cloud」の国内データセンターとなります。SAP HANA Enterprise Cloudは、基幹業務向けクラウド基盤「SAP HANA Cloud Platform」の上で提供されるクラウドサービス。インメモリコンピューティングによる高速処理や、物理サーバがプロビジョニングされる点などが特徴です。

20140509_niino_1

SAPジャパンの発表資料より

以前は、同社が提供する人事系クラウドサービスのSuccessFactors、中堅規模向けの統合業務ソフトをクラウドで提供するSAP Business ByDesignなど、それぞれ別々のクラウド基盤で提供されていましたが、2年前に同社のクラウドサービスはすべて「SAP HANA Cloud Platform」で統一されるようになりました。SAP HANA Enterprise Cloudでは、同社の基幹業務向けシステムのBusiness SuiteやBIソフトウェアのNetWeaver Business Warehouseなどのソフトウェアがサービスとして提供されるだけでなく、SAP HANAデータベースのマネージドサービスも提供され、カスタムアプリケーションを運用することも可能です。SAP HANA Enterprise Cloudは、すでに4月1日開設済み。基幹業務のクラウドへの移行が加速されるのかどうかが注目されます。Googleがついにアジア(のどこか)にGoogle Compute Engineのデータセンター設置を発表。

管理画面も日本語対応

Googleがクラウドベンダとして、AmazonクラウドやMicrosoft Azureと本気で競合しようとしていることは、3月末に開催したイベント「Google Cloud Platform Live」で積極的な価格競争を仕掛けてきたことで鮮明になりました。そのGoogleも4月16日、アジアにデータセンターの設置したことを明らかにしました。また、理画面(Developer Console)の日本語、中国語(繁体字)対応も行われています。各種の情報を総合すると、この新しいデータセンターは台湾に設置されたと推測されますが、Googleはデータセンターを設置した場所として「アジア太平洋地域(Asia Pacific)」としか発表しておらず、具体的な都市名については言及していません。クラウドをエンタープライズの用途で利用する場合、データセンターがどの国にあるのかを気にするユーザーが少なくありません。それはつまり、データが物理的に存在する場所の法制度や治安を気にしているためです。それを知ることが本当に利用者にとって重要な意味を持つかどうかについては議論が分かれるところですが、少なくとも利用者が判断できる情報を提供しているというマーケティング的なメッセージとして大きな意味を持ちます。そうした中でデータセンターの設置国さえ明確にしないのは、いかにもGoogleらしいとはいえ、エンタープライズのマーケットを攻めるうえでは、競合と比較してもう1つインパクトが弱いところです。とはいえ、価格面での積極攻勢に加えて今回のデータセンター拡充と、Googleが競合をキャッチアップすることに本気であることは明らかです。さらに次の手、また次の手と今後も積極展開が続くことでしょう。

Microsoft Azureが標準でPuppetとChefに対応

米マイクロソフトはサンフランシスコで開発者向けイベント「Build 2014」を4月3日から4日間開催。2日目の基調講演では、同社のクラウドサービスMicrosoft Azureの仮想マシンが標準でPuppetとChefに対応したことが発表されました。

20140509_niino_2

PuppetやChefはデプロイやプロビジョニングを自動化するソフトウェアです。これにより多数の仮想マシンの管理が容易になります。下記はPuppetマスターによって、SQLサーバ、アプリケーションサーバ、Webサーバといった複雑な構成のデプロイ自動化が可能になることを示しています。仮想マシンのイメージにPuppetが用意されています。

20140509_niino_3

仮想マシンの構成にPuppetエージェントやChefクライアントが使えるようになっています。