DevOpsで本当にやるべきは、システム開発事業の改革か

掲載者:CUPA運営委員 山崎 泰宏

日頃より本機関へのご理解とご支援、誠にありがとうございます。CUPAではクラウドショージャパンと銘打っての大型イベント開催も決まり、只今鋭意準備中でございます。既にご出展のご表明をいただきました会員様、誠にありがとうございます。精一杯盛り上げて参ります。また、現在ご検討中の会員の皆様におかれましても、ぜひご参加いただけますことを心よりお待ちいたしております。さて、昨今も相変わらず話題の移り変わりが激しい中、とりわけDevOpsについて意見を求められる事が多くなりました。お会いする皆様方それぞれに異なったご理解があり、どれが正しいというわけでもありませんが、ここに私なりの簡単な解釈を載せておきます。少し長くなるので、まずは必要となる背景だけを述べておきます。一般に言われるのは、開発(Devs)と運用(Ops)のチームが融合されて、共にチームとなることが表現されています。文字通り、一体となって開発と運用しようと言うことです。そもそも、そうならざるを得ない背景は色々とあります。しかし、最も大きな理由は、スパイラルアップ、アジャイルなど、継続的な短期開発が重要になってきたことにあるでしょう。ビジネスの側面からは、小さく作って効果を見ることと、トレンドを逃さないことが重視されています。単純に工期が長引けば、思い付いた日から結果が出るまでにかなりの日数を要してしまうことになり、世間の流れは変わってしまうのです。今まではどうしても、開発中に時間をかけて完成を目指し、リリースを迎えれば後は運用部隊が面倒を見るだけ、というスタイルが一般的でした。開発や運用の受託が成り立ってきたのも、大枠となるこのスタイルそのものが、ビジネスモデルとしても合っていたからです。ところが、短納期の継続的開発が当たり前になってくると、このモデルは崩壊をします。

まず最初に綻びを見せるのは、開発と運用のチームが縦割り構造になっている部分からです。この間ではセクショナリズムを超えるための、大量で正確なドキュメントが存在しています。開発は短期間でドキュメントよりもリリースを優先し始め、運用はドキュメントの不足を訴え、機能しなくなるのです。これだけでも、開発と運用の分断は弊害に思えます。そうであれば、チームをひとまとめにすれば良いだけのはずですが、これもままならない。特に大手SI事業者のビジネスモデルが変わってしまうのです。開発と運用のコストバランスが崩れます。これまでの開発はワンショットで完成形に持って行きます。ここに大きな開発費がつくので、回収できるわけです。運用は発注者から見ればコストです。完成品を動かし続けるために出費を止めることはできないのです。自ずと安上がりな運用業者に委託することになります。つまるところ、定型業務を行うだけと見られがちで、コスト圧縮の対象ですから、安い下請けに出したりしています。DevOpsが簡単なようで難しいのは、こうした事業の変化を受け入れる部分です。ここにメスを入れずにDevOpsだけをやれるかと言うのは、この業界全体の大きなチャレンジとなるのではないでしょうか。