オープンクラウドとエコシステム

掲載者:CUPA総合アドバイザー 林 雅之

パブリッククラウド市場においては、AWSのクラウドサービスがマーケットリーダーとして市場を牽引する中、各社、オープンクラウドを核とし、エコシステムを形成しビジネス展開を強化する動きが加速しています。調査会社のIDC Japanは2013年6月6日、「国内オープンソースソフトウェアエコシステム市場予測」を発表した。国内における2012年のオープンソースソフトウエアのエコシステムの市場規模は6751億6200万円、2017年には1兆962億円に達すると見込んでいます。オープンソースソフトウェアエコシステムの市場成長を大きく牽引しているのは、OpenStackやCloudStack、Wakameといったオープンソースのクラウド基盤構築/管理ソフトウェアや、OpenFlowといった仮想ネットワークの分野で、市場規模は2017年には551億、OpenFlowエコシステムの市場規模は329億円に達すると予測しています。オープンソースを活用したパブリッククアウドとプライベートの構築は、2015年ごろから本格的に普及していくと見られており、各事業者はオープンクラウドをベースに、パートナーとの提携を進め、オープンクラウドエコシステムの強化を急いでいます。いくつかの事業者のオープンソースをベースとしたクラウドビジネスへの取り組みをご紹介しましょう。

IBM

IBMは2013年3月、IBMのクラウドソリューション「IBM SmarterCloud」をクラウドの仕様や規格にオープンスタンダードを採用した「オープンクラウドアーキテクチャ」ベースで構築し、ベンダロックインのないオープンなエコシステムを形成する「オープンクラウド戦略」を発表し、オープンクラウドへの取り組みを加速させています。5月24日から販売を開始した「IBM SmarterCloud Orchestrator」では、クラウド基盤ソフトウェアにはOpenStackを採用しています。IBMは6月4日には、パブリッククラウドサービスを提供する事業者の大手であるSoftLayer Technologiesの買収を発表し、パブリッククラウドの事業領域を拡大を図っています。日本IBMは2013年6月11日には、ソフトウェアによってクラウド環境の構成を自動化する環境を実現する「Software Defined Environment(SDE)」のコンセプトを発表し、第一弾としてネットワーク全体の仮想化をオーバーレイ方式で実現するソフトウェア「IBM Software Defined Network for Virtual Environments VMware Edition(SDN VE)」の提供を開始しています。

Red Hat

Red Hatは2013年6月12日、「Red Hat Summit 2013」で「オープンハイブリッドクラウド」のビジョンを実現する「Red Hat OpenStack」を採用した「Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform」とOpenStackベースのクラウドシステムへの移行をサポートするソリューション「Red Hat Cloud Infrastructure」を発表し、コンピュータ、ストレージ、SDNを統合するアーキテクチャとしてOpenStackを中核として位置づけています。また、同日2011年5月よりβ版として公開してきたPaaS型のクラウドサービス「OpenShift Online」も商用サービスとして北米と欧州向けの提供を発表しています。

HP

HPは、オープンプラットフォームで統合化する「HP Converged Cloud」構想を発表し、オープンなプラットフォームでハイブリッドクラウドを実現する柱として位置付けているのがOpenStackをベースとするHP Cloud OSです。HPは、2012年5月、OpenStackを採用したパブリッククラウド「HP Cloud Services」のPublic Beta開始し、プライベートクラウド「HP CloudSystem」の基盤にもOpenStackを採用しています。

Rackspace

Rackspaceは2012年8月1日、OpenStackを採用したパブリッククラウドサービス「Rackspace Open Cloud」を正式開始の発表をした。「Cloud Servers」はOpenStackのCompute(Nova)のコンポーネントを利用したIaaSで、ストレージサービス「Cloud Files」の提供は、OpenStackのObject Storage(Swift)を採用している。Rackspaceの商用サービスの提供は、OpenStackを採用した初の大規模なパブルッククラウドサービスです。

VMware

VMwareは2013年5月21日、パブリッククラウドサービス「vCloud Hybrid Service」を2013年第3四半期に米国で一般提供を開始し、日本を含めたアジア太平洋地域では、2014年に提供予定です。「vCloud Hybrid Service」は、VMware vSphere上で動作が保証された90以上のOSと数千のアプリケーションをサポートしており、オンプレミスのVMware vSphere環境と互換性があるため、VMware環境を無料のプラグインを利用することで、そのままパブリッククラウドへ移行することが可能となります。さらに、米EMCと米VMwareが出資して4月に設立されたPivotal で提供するオープンソースのPaaS基盤ソフトウェアのCloud FoundryによるPaaS機能の提供も予定されています。VMwareは2013年3月に「Nicira NVP(Network Virtualization Platform)」と「VMware vCloud Networking and Security」を統合したネットワーク仮想化ソリューション「VMware NSX」を今年後半の提供開始を明らかにしており、OpenStackとVMware vCloudの2つに対応した共通のネットワーク仮想化機能を提供する予定です。VMwareは、仮想化されたクラウド環境とネットワークインフラが統合・自動化されたインフラ環境を、ユーザー自身がオンデマンドで自ら設定変更や管理ができるSoftware Defined Datacenter(SDDC)戦略を推進しており、幅広いレイヤをカバーするクラウドエコシステムの形成による事業拡大を図っています。

商用利用でリードするCloudStackを採用する事業者

IBMやRed Hat、HP、RackspaceなどがOpenStackをコアとなるオープンアーキテクチャーとして採用しサービスを展開しようとしている一方、商用サービスの利用としてリードし、エコシステムを拡充しているのが、CloudStackを採用する事業者です。特に、海外ではBT、China Telecom、KT、Slovak Telecomなどの多くの通信事業者がCloudStackをベースとしたシトリックスのCloudPlatform powered by Apache CloudStackを採用しています。

国内では、

・IDCフロンティア 「IDCフロンティア クラウドサービス セルフタイプ」
・NTTコミュニケーションズ 「Bizホスティング Cloudn
・KDDI 「KDDIクラウドプラットフォームサービス」
・SCSK 「USiZE netXCloud」
・インテック 「EINS/SPS SelfPortal」

などが、CloudStackをベースとしたパブリッククラウドサービスとして提供しています。NTTコミュニケーションズのCloudnは、CloudStackに加えて、PaaSレイヤではCloud Foundryを採用したPaaSを提供しています。

オープンクラウドとエコシステム

オープンソースのクラウド基盤ソフトウェアはOpenStackやCloudStackだけでなく、国産では、あくしゅがWakame Software Foundationにて開発した「Wakame-vdc」を提供しており、NTTPCコミュニケーションズが提供する「WebARENA VPSクラウド」で採用されています。AWSやマイクロソフトなどがクラウドビジネスを展開し独自のエコシステムを展開し事業を拡大する中、オープンクラウドを推進するクラウド事業者が、オープンクラウドエコシステムをどこまでクラウドビジネスをリードし市場へ浸透していくのか、今後のクラウドビジネスの市場を占う上でも、オープンクラウドの動向が注目されるところです。