ハイプサイクルから見るクラウドの今後

掲載者:CUPA総合アドバイザー 林 雅之

調査会社の米国ガートナーは2013年8月19日、先進テクノロジー・ハイプサイクル(Emerging Technologies Hype Cycle)」の最新版となる2013年版リポートを発表しました。

ハイプサイクルとは、新技術が登場し実際に普及するまでに、メディアやユーザーの期待が時間経過とともに、どう変化していくかを示したサイクルです。縦軸がユーザーやメディアの期待度(Expectations)、横軸が時間軸や技術成熟度を示しています。

黎明期(Technology Trigger) 新技術への関心が高まる時期
過度な期待のピーク期(Peak of Inflated Expectations) 期待が最も大きい時期
幻滅期(Trough of Disillusionment) 急速に関心が失われる時期
回復期(Slope of Enlightenment) 利点と適用方法が徐々に理解されるようになる時期
安定期(Plateau of Productivity) 本格的な導入や採用が行われる時期

20131010_hayashi_1

http://it.impressbm.co.jp/e/2013/08/26/5088

Cloud Computing(クラウド)は、すでに過度な期待のピーク期を超え、幻滅期に入りつつあります。

一方で、クラウドセキュリティに関しても多くは幻滅期に入りつつあります。ガートナーは2013年7月31日「Gartner’s Hype Cycle for Cloud Security 2013」を発表しました。

クラウドサービスでは、クラウドストレージなどクラウドサービスそのものから、仮想マシンの信頼性やクラウドサービスブローカー、モバイルデバイスマネジメントなどへの関心が高まっていることが伺えます。

20131010_hayashi_2
http://www.gartner.com/id=2570118

1年前の動きを見てみましょう。2012年8月、「Gartner Hype Cycle for Cloud Computing, 2012」発表しました。

20131010_hayashi_3

http://www.gartner.com/id=2102116

Cloud Computingは、この時期から過度な期待のピーク期を超え、幻滅期に入りつつあります。クラウドへのこれまでの曖昧なキーワードに幻滅し、クラウドによる具体的な利用シーンや技術、サービス、プロセスへと関心が移っています。

現在、過度な期待のピーク期に位置しているのが、

  • Platform as a Service(PaaS)
  • Cloud Email
  • Hybrid Cloud Computing(ハイブリッドクラウド)
  • Cloud BPM
  • Cloud Management Platform(クラウド管理プラットフォーム)
  • Big Data

です。個々のキーワードについて少し整理をしてみたいと思います。

Platform as a Service(PaaS)

Infrastructure as a Service(IaaS)が幻滅期から回復期に入ろうとしているように、IaaSレイヤはコモディティ化しつつあります。競争の源泉はIaaSレイヤからPlatform as a Service(PaaS)にシフトしつつあり、ここ数年、サイボウズの「kintone」やNTTコミュニケーションズのBizホスティング Cloudn PaaSなど、事業者はPaaS関連のサービスの投入に力を入れ始めています。

Hybrid Cloud Computing(ハイブリッドクラウド)

Hybrid Cloud Computing(ハイブリッドクラウド)への期待も高まっています。企業ユーザーのクラウド導入が進むにつれて、個々のクラウドの連携するハイブリッドクラウドニーズは高まっています。実現のためにAPIなどのインタフェースの標準化やオープン化が進んでいます。

Apacheライセンスで提供されるオープンソースソフトウェア「Apache Deltacloud」は、複数の異なるクラウド環境をDeltacloudサーバーが提供するREST APIを通じて、ドライバ経由でクラウドを操作するといったAPIライブラリによる連携が可能です。

Cloud Management Platform(クラウド管理プラットフォーム)

ハイブリッドクラウドにより複数のクラウドを管理するCloud Management Platform(クラウド管理プラットフォーム)が注目されています。

代表的なサービスは「RightScale」で、Amazon EC2やRackspace、そして、OpenStackやCloudStackを採用するサービスなど複数の異なるクラウド環境の一元管理が可能なクラウド管理プラットフォームです。

そのほかにもプロビジョニングやセキュリティ管理、ファイナンス管理など、クラウドの運用管理やセキュリティガバナンス機能を提供する「enStratus」、オープンソースのクラウド管理プラットフォーム「Scalr」、SCSKが提供するPrimeCloud Controller、サーバーの構築やシステムの運用管理ツールでオープンソースの「Chef」もこれらのカテゴリに入るでしょう。

次に、新技術への関心が高まる黎明期(Technology Trigger) にあるのが以下のとおりです。

  • Cloud Appication Development Services
  • BPaaS
  • IaaS+Middleware
  • Cloud Services Brokerage
  • Cloudbursiting
  • Personal Cloud
  • Private Platform as a Service
  • Cloud-Optimized Application Design
  • Community Cloud
  • Cloud Security and Risk Standards
  • MDM Solutions in the Cloud
  • DevOps

Cloud Appication Development Services

クラウドの普及に伴い、クラウド上で提供されるクラウドアプリケーションを提供するための開発基盤への注目が集まりつつあります。例えば、オープンソースのPaaS基盤の「Cloud Foundry」や「OpenShift」、そして、「Engine Yard」などがあげられます。

IaaS+Middleware

IaaSレイヤにMiddlewareを実装することでAWSのEC2相当のサービスを提供する動きが進んでいます。たとえば、オープンソース基盤のIaaS基盤ソフトウェアの「OpenStack」や「CloudStack」などがあげられます。これらは、CMS(Cloud Management System)やCloud OS とも呼ばれており、IaaSレイヤの高度化に向けて様々な機能が追加されるようになっています。

Cloud-Optimized Application Design

クラウド普及に伴い、ユーザー自身が必要なときに必要に応じて、最適化されたクラウドアプリケーションを用意する動きが進みつつあります。

AWSが提供するオンライン・マーケットプレイス「AWS Marketplace」は、希望するアプリケーションを選択すると、ユーザー自身の仮想マシンが起動し、アプリケーションがインストールされ、本格的なサービス提供前の検証や、社内システムやエンドユーザ向けのアプリケーション提供において、柔軟な利用が可能となります。

まとめ

クラウドの流れは、単なるコンピューティングリソースの提供によるコスト削減ではなく、コンピューティングリソースや膨大なデータの有効活用を通じてサービス連携によるアプリケーション提供やデータベース、ビッグデータ活用など、より上のレイヤで差別化を図っていく流れが加速していくことになるでしょう。